今話題のHMBサプリをはじめ、筋トレに役立つ情報を紹介。

筋トレ侍

ダイエット 加圧シャツ

産後の体の引き締めに効果絶大! 加圧シャツの真の力とは?

投稿日:2017年8月9日 更新日:

 

産後の体は、大きく変化しています。
体型の変化を感じているママは約80%。
そのほとんどが「お腹のたるみ」「下腹がポッコリしている」などです。

産後の体型変化ランキング
第1位 「お腹に肉が付いた」「お腹がたるんで、ぶよぶよ」
第2位 「体重の増加」
第3位 「腰やお尻に肉が付いた」

お腹の中で赤ちゃんを育てるために、ママの体は骨盤が開いたり、腰回りに脂肪がついたりします。
ところが赤ちゃんが生まれても、それらはすぐには元に戻りません。
そのため『産後ダイエット』をするママが多いのです。

ここで知っておいてほしいのが『産後ダイエット』は成功しにくいということです。
『産後ダイエット』が成功したママは、わずか40%ほどです。

なぜ成功率が低いのでしょうか?
詳しくは後で説明しますが、答えは出産後の環境と体がダイエットに向いていないからです。

『産後ダイエット』にはコツが必要です。
産後の体型回復を成功させるコツとは、ずばり『加圧シャツ』です!
『加圧シャツ』を着て、運動効果を向上することをオススメします。

なぜ『産後ダイエット』が成功しないのか

まず、どうして産後の体型は崩れてしまうのでしょうか。
妊娠と出産を経て、ママの体は大きく変化しています。

骨盤がゆるみ開いている。
お腹や腰に脂肪がついている。
体重が増えた。

これらは全て赤ちゃんをお腹の中で育てたり、お腹の赤ちゃんを守ったり、出産のために必要です。
つまり出産後には不要なものがほとんどですが、出産を終えてもすぐには元には戻りません

『産後ダイエット』は妊娠前の体重と体型に戻すことが目的です。
一般的に多く実践されている産後のダイエット方法は「カロリーを減らす」方法です。
その他には「家事や育児で体を動かす」「運動する」「ダイエット食品を利用する」などが多いです。
ですが、成功率はいずれも低いのが現実です。

普通のダイエットと同じような方法ですが、産後は生活も体も大きく変化しているため、通常のダイエット方法が当てはまらずに失敗するケースが多いようです。

カロリー制限

カロリー制限は、ポピュラーなダイエット方法のひとつです。
体重を落とすために、毎日の食事のカロリーをおさえるという女性は多いと思います。

『産後ダイエット』でも、大半の方が妊娠中の体重の増加を取り戻そうと、出産後にカロリーを制限したりしています。
これは、おすすめできません。

 

なぜなら、出産後の体はとても疲れています。
産後は回復のための大切な時期です。

この時期に無理なカロリー制限は、ママの体の回復を遅らせてしまいます。
体調を崩す可能性もありますので、過度のカロリー制限は禁物です。
また授乳をしているママは、母乳に必要なエネルギーまで不足する可能性があります。

カロリーを制限してママと赤ちゃんが栄養不足になるのは、絶対にNGです。
栄養が欠乏すると、免疫力が低下したり、イライラ、産後うつなどの要因になりかねません。

デリケートな時期なので、適切な栄養をバランス良く摂ることを優先するのがベストだと思います。
ダイエット食品などの使用にも十分な注意が必要です。

運動不足

産後は運動不足になりがちです。
新生児はお出かけが大変で家で過ごすことが多いですね。
また骨盤が開いていることで足腰のぐらつきが出て、活動的に体を動かせないケースもあります。

運動したくても赤ちゃんのお世話で時間がない、余裕がないということもあります。
運動中に赤ちゃんを見てくれる人がいなくて諦めるパターンもありますね。

たとえ体調が良くても、産後しばらくは激しい運動は避けたほうが良いと思います。
産後は回復期ですから、この時期に無理をするのはやめましょう。

食欲

産後の体重が戻らない原因のひとつが食欲です。
個人差はありますが、妊娠がきっかけでたくさん食べるようになるというケースがあります。

妊娠中は大きなお腹が胃や腸を圧迫していましたが、出産後はそれが解消され食欲が増加することがあります。
また母乳で授乳していると強く空腹を感じ、妊娠前よりもたくさん食べるようにある人も多くいます。

妊娠中に体重を増やさないように努力していたママが、出産後に開放感からリバウンドする場合もあります。
出産に向けて、赤ちゃんのために食べたいものを我慢していたので、出産後その反動が出てしまうパターンですね。

その他にも「母乳をあげていると太らない」と油断して食べ過ぎてしまうのも要注意です。
確かに授乳にはエネルギーが必要で、1日に母乳(約750ml)を授乳するためには500kcalが必要となります。
「母乳をあげているうちに、自然と体重が戻った」という話は良く聞きますが、あくまでも適切な食事を摂取していた場合に限ると思います。
消費カロリー以上を摂取すれば太るのは当然です。

授乳中は体重の増減がなく順調でも、卒乳後に太ってしまうこともあります。
授乳が終わっても、食事のカロリーが変わらなければ太ってしまいます。

骨盤

出産後、骨盤は揺るんで開いている状態です。
出産のために、骨盤のまわりの筋肉がゆるみます。

赤ちゃんを産むために骨盤が開きますが、その後じょじょに自然に閉じていきます。
育児の負担や筋力の低下、姿勢が悪かったりすると、骨盤の戻りが悪くなることがあります。
骨盤のゆがみは様々なトラブルの原因になりかねません。

骨盤のゆがみが引き起こすトラブル
・骨盤の中におさまっている内臓が下がる
・ポッコリお腹に
・お尻が大きくなる
・代謝が落ちる
・血行が悪くなり、冷えの原因に
・便秘
・生理痛

体重は戻っても、妊娠前のジーンズが太ももや腰の辺りで止まって入らないなんてこともあります。
骨盤は体を支える大切な役割があります。
その骨盤がゆがんでしまうと、体型や健康にも影響が出るのでケアが必要です。

オススメの骨盤ケアグッズ

骨盤のケアには、骨盤ショーツ『エクスレーヴ』がオススメです。
産後の体には矯正力の強すぎるガードルなどはむきません。
『エクスレーヴ』は、骨盤に適切な加圧がかかるように設計されているので苦しくありません。

見た目も不格好なガードルとは違ってキレイです。
自宅で履くだけの簡単ケアなので、赤ちゃんのお世話で忙しい産後ママにピッタリです。

 エクスレーヴ公式通販サイト

お腹のたるみ

産後のお腹は、たるんでしまいます。
原因は、妊娠によって伸びた皮膚や筋肉がたるむからです。

一度伸びてたるんでしまうと、元に戻すのはとても大変です。
産後に体型が崩れて戻りにくいのも、お腹のたるみが大きいです。

皮膚は脂肪の重さや、揺れることで伸びてしまいますので、揺れを最小限に抑えることがとても大切です。
揺れを抑え、骨盤を正しい位置に戻すような体操をしたり、お腹まわりに筋肉を付ける事でお腹を引き締める事は可能です。
無理をせず体調と相談しながら、ゆっくり焦らず引き締める事がポイントです。

産後のダイエットが難しい理由まとめ

出産後は、デリケートで特別な時期だということを良く理解しましょう。
ママの体は出産後の疲労から回復する大切な時期です。

産後ダイエットが難しい理由
①体がダイエットにむいていない
・カロリー制限は避けたほうが良い時期
・運動不足になりやすい時期
・食欲が出やすい時期
・骨盤が開いている
・お腹がたるむ
②環境がダイエットにむいていない
・赤ちゃんのお世話で大変

赤ちゃんのお世話で寝不足になったり辛いのも、この時期です。
周囲の理解と協力がないと、疲労とプレッシャーからココロのバランスまでも崩しかねません。

体重と体型を戻したくても思い通りにいかず、イライラすることも多いようです。
育児で疲れてストレスからたくさん食べたりなど、ダイエットが上手くいかない時期だということを知りましょう。
そのことを理解した上で、無理のない範囲でのケアをするのが大切です。

産後の体の引き締めには『加圧シャツ』

産後のダイエットは、なかなか手強いということが理解できたことと思います。
赤ちゃんのお世話が最優先で、授乳などママでしかできない事もあり、自分の時間を作るの本当に難しいですね。

カロリーを制限するのもダメ。
激しい運動もダメ。
でも、食欲は妊娠前以上にあって食べちゃうし。
赤ちゃんのお世話で毎日バタバタ。
いったい、どうしたら産後の体を引き締める事ができるのでしょうか?

答えは『加圧シャツ』です!

 

時間がなくて運動ができないなら、『加圧シャツ』で日常の体の動きを運動をしているような状態にしてしまえば良いのです。
赤ちゃんのお世話でバタバタしている間も『加圧シャツ』を着ていれば、加圧トレーニング状態を作ってくれます。

『加圧シャツ』とは

競泳用の水着などに使われるような特殊な繊維を使用して作られたシャツです。
形状は、シンプルなTシャツやタンクトップなどが多いです。

着るだけで上半身に圧力をかけ、加圧トレーニング状態を作ってくれます。
体の構造に合わせて加圧バランスが調整されているので、あらゆる角度から最適な圧力が加わります。
圧力で締め付け、意識をしなくても運動をしているような状態を作り出すのが『加圧シャツ』です。

着ているだけで適度な負荷をかけてくれるので、毎日の育児や家事の時に着用するだけで運動効果が向上しています。
『加圧シャツ』なら外出したり、特別に運動の時間を作ったりしなくてもいいので産後のママにオススメです。

『加圧シャツ』の効果

上半身に加圧する事で様々な効果を生み出す『加圧シャツ』
いったい、どのような効果があるのでしょうか?

加圧シャツの7つの効果
①着ているだけで運動効果
上半身にバランス良く最適な加圧をかけることができる。
体幹を刺激し鍛える。
②加圧トレーニング効果
加圧シャツによって血流を制限し、少ない力でも大きいトレーニング効果が期待できます。
③お腹の引き締め効果
しっかりとお腹に圧力を加えることでウエストを引き締めてくれると言われています。
④姿勢の矯正
加圧シャツを着用することで、正しい姿勢が自然と保てるそうです。
⑤血行の向上
姿勢が良いと、血行が良くなり肩こりや冷えなどの改善が期待できます。
⑥食べ過ぎ防止
圧力をかけ続ける加圧シャツを着ていると、お腹を適度に圧迫し食べ過ぎを防げます。
⑦着やせ効果
脂肪のついたお腹や背中にぎゅっと圧がかかるので、見た目が痩せたように見えます。
見た目が変化する事で「痩せよう」というやる気が上がります。

『加圧シャツ』の大きな特徴は「着るだけ」なので続けやすいということです。

シンプルなデザインのものがほとんどですから毎日着用できます。
仕事中でも、休日でも、就寝時にも使用が可能です。

産後ママに『加圧シャツ』を勧める理由

『加圧シャツ』の効果は、産後のママにピッタリです。

産後ママに『加圧シャツ』を勧める理由 その①
着ているだけで良いという手軽さ。
運動や外出が思うようにいかない時期ですので、大半の時間を家の中で過ごすママのサポートにちょうど良いと思います。
『加圧シャツ』を着て、家事や赤ちゃんのお世話をするだけで上半身を刺激する事ができます。
産後のママに『加圧シャツ』を勧める理由 その②
産後のたるんだお腹の引き締め。
出産後のママのお腹は、たるんでとてもやわらかです。
妊娠で体重が増加しお腹が大きくなり、筋力が低下したためにお腹がたるんでいる状態です。
やわらかい状態の時に『加圧シャツ』で引き締め、お腹をベストの状態でキープします。
産後のママに『加圧シャツ』を勧める理由 その③
コストが良い。
産後の矯正下着はたくさん販売されていますが、産後の一時期しか使用しないのに効果なものが多いです。
『加圧シャツ』なら産後以外のときでも、ずっと使用できます。
サプリなどと違い消耗品ではないのでコスパが良いのが特徴です。
産後のママに『加圧シャツ』を勧める理由 その④
姿勢の改善。
人間の体の構造にもとづいて圧力が細かく設定されているので、着用する事で自然と正しい姿勢が保てます。
赤ちゃんのお世話で抱っこしたりする時間が長いので、ママの姿勢は悪くなりがちです。
姿勢を良くする事で、結構を改善し腰痛や肩こりの防止にも役立ちます。
産後のママに『加圧シャツ』を勧める理由 その⑤
腹部に適度な圧力がかかるので、食べ過ぎを防ぎます。
授乳中であったり、ストレスなどで、産後のママはついつい食べ過ぎになりがちです。
『加圧シャツ』を着用していることで、必要以上に食べることを回避できます。
産後のママに『加圧シャツ』を勧める理由 その⑥
適度な圧力。
ダイエット用のシェイパーは、生地も分厚く締め付ける力が強すぎるので、産後の体にはむいていません。
強い補正下着も、産後のデリケートな体にはストレスがかかりすぎる事があります。
『加圧シャツ』は商品の差や個人の体格の差で、加圧の強さの感じ方は様々ですが、「苦しくてたまらない」ほどの加圧ではありません。
快適に着用を続けられると思います。

これらの理由から産後の体の引き締めには『加圧シャツ』をオススメします。

オススメの女性向け『加圧シャツ』

『加圧シャツ』は男性向けのものがほとんどですが、女性用の『加圧シャツ』もあります。

女性用『加圧シャツ』でオススメなのが『エクスレンダー』です。

ブラトップなので『エクスレンダー』1枚でスッキリと着る事ができます。
カラーも黒と白があり、インナーとして使用する事ができるのが嬉しいですね。

Tシャツタイプの『加圧シャツ』だと、袖やエリもとが出てしまいますが、『エクスレンダー』はノースリーブなので、手持ちの服に合わせやすいと思います。

自宅で簡単「着るだけ」体幹ケア【エクスレンダー】

加圧シャツの効果をさらにUPさせる方法

加圧シャツだけでも効果はありますが、さらにその効果をUPされる方法をご紹介します。

効果をUPさせる方法の一つとして、長時間加圧シャツを着た時や、加圧シャツを着て筋トレをした時などにHMBサプリメントを摂取するという方法があります。
HMBは、プロテインの中の筋肉をつくる成分と一緒なので産後、授乳中でも安心して摂取できます。

最近は、筋トレして健康的にダイエットしようする女性や、美容を両立させたい方に向けた女性用のHMBサプリの商品が多くでてきました。

現在、女性向けHMBのなかで含有量が一番高いHMBサプリはボディメイクプログラムHMBです。このサイトでも詳しく解説していますので「メリハリボディを手に入れたいならボディメイクプログラム」をチェックしてみてくださいね。
2017年−女性用HMBダイエットサプリ人気ランキング

まとめ

産後のママの体は、特別です。
出産を終えて、体はとても疲れています。
回復には時間がかかりますので、出産後すぐにダイエットや運動をしたいところですが、体調や子宮の戻りなどを優先しましょう。

産後1ヶ月をめどに、少しずつ体を動かしたり体型を戻す事を始めると良いと思います。
体調に不安がある場合は、一ヶ月検診などの時にかかりつけの医師に相談してから始めましょう。

産後のママの体
・お腹に肉がついた
・お腹がたるんでぶよぶよ
・体重が増加
・腰回りやお尻に肉がついた
・下腹がポッコリ
・食欲が増した

産後は赤ちゃんのお世話が大変で、なかなか体型を戻す事が難しいのですが、そんな産後ママにピッタリなのが『加圧シャツ』です。

『加圧シャツ』の良いところ
・着るだけの簡単ケア
・消耗品ではないのでコスパが良い
・外出しなくても良い
・姿勢が良くなる
・血行が良くなる
・お腹を引き締める
・着やせ効果


お腹のたるみをふせぐのは、揺れないように抑える事が重要です。
『加圧シャツ』ならお腹の揺れを防ぎ、たるみをおさえ圧力で締め付ける事で引き締め効果が期待できます。

産後の体型回復には、簡単でストレスの少ない『加圧シャツ』をオススメします。

-ダイエット, 加圧シャツ

Copyright© 筋トレ侍 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.