今話題のHMBサプリをはじめ、筋トレに役立つ情報を紹介。

筋トレ侍

HMBサプリ

知っておかなければいけないHMBサプリメントの副作用

投稿日:2016年12月9日 更新日:

こんにちは、筋トレ侍です。
今回は、知っておかなければいけないHMBサプリメントの副作用についてご紹介します。

HMBの基本は?

筋肉の成長を補うために摂取するサプリメントに副作用があると警戒したくなるものです。その副作用を知る前にHMBというものの正体を明らかにしていきましょう。段階を追って知るようにすれば危険性の有無を判断できるはずです。

HMBとはサプリメントの名称であり、かつあるアミノ酸の名前でもあります。サプリメントには他にも色々な成分が配合されているのですが、中心的な成分と考えて良いでしょう。アミノ酸としての正式名称は「β-Hydroxy β-Methylbutyrate」となります。日本語にすると「ベータ・ヒドロキシ・ベータ・メチル酪酸」となりますがどちらにしても一見何をしているのか分からないものです。役割を見ていきましょう。

HMBはタンパク質の最終的な1つの形

この「β-Hydroxy β-Methylbutyrate」というのは、タンパク質を分解してできるロイシンというアミノ酸が体内で代謝されてできる物質です。いわば最終的に吸収されるタンパク質の形の1つと考えて良いでしょう。そしてこの物質は通常タンパク質を摂取した場合には余り作られません。大量のタンパク質を摂取しなければHMBを得ることはできないのです。対してHMBサプリメントにはHMBが大量に含まれているため効率的に摂取できると言えます。

体にとって最終的なタンパク質の形の1つであるHMBを摂取することは、筋肉の成長へ良い効果をもたらすはずです。非常に効率的な筋肉の栄養の摂取方法と言えるでしょう。

HMBの副作用とは

HMBは筋肉に吸収されやすい形をしているわけですから、何かしらの副作用を心配するのも当然かもしれません。ですが、HMB使用者において目立った副作用の話は広まっていないようです。そのため、ひとまず安全な物質と判断しても良いでしょう。もし副作用が深刻な物質であれば問題になっているはずですし、販売の認可も下りないはずです。

ではHMBの前段階であるアミノ酸のロイシンに副作用は無いかというと、それはあります。基本的にロイシンは安全に傾向摂取できるのですが、例えばメープルシロップ尿症という血中のBCAA濃度が高い方がロイシンを摂取すると痙攣などが起こる可能性があるのです。BCAAとは必須アミノ酸と呼ばれる物質群で、ロイシンもそれに含まれています。また、妊娠中や授乳中の方は摂取を控えるようにしておくと良いでしょう。これらはHMBではなくロイシンに対する副作用ですが覚えておくと良いかもしれません。

成果が出なくても焦らずに

適正な量を適度に摂取することがHMBと正しく付き合うコツです。どのような物質であれ過剰摂取して良いものはありません。例えば私達は酸素や水であっても過剰に摂取すると死亡してしまいます。HMBを摂取しても目立った成果が出ないからといって焦ることは禁物です。正しい容量を守って摂取するようにしましょう。

実際のところ、HMBの果たす主な役割というのは「筋肉減少速度の抑制」です。筋力トレーニングをしても体のメカニズム上どうしても筋肉と言うのは減少してしまうものなのですが、HMBはこの減少の速度を抑制してくれます。現状ある筋肉を維持するわけですから、継続的な筋力トレーニングを行えば結果的に筋肉の肥大へと繋がるわけです。即時的に効果が出るようなものではないので、HMBを摂取しつつじっくりと筋力トレーニングに励みましょう。

HMBは基本的に安全な物質

HMBの副作用について見てきました。体に影響をもたらしやすい形のHMBですが、目立った副作用の報告はありません。HMBの前段階であるロイシンも基本的には安全で、血中BCAA濃度が高い方や妊娠・授乳中の方の摂取を避ければ大丈夫です。結論としては摂取量を守れば筋肉形成に有効なサプリメントと言えるでしょう。

脅威の24kg可変ダンベル

脅威の24kg可変ダンベル



-HMBサプリ

Copyright© 筋トレ侍 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.