今話題のHMBサプリをはじめ、筋トレに役立つ情報を紹介。

筋トレ侍

筋トレ

モテる体型を効率よく手に入れたいならHMB

投稿日:2016年12月10日 更新日:

HMBって?

スレンダーな体型の男性がもてはやされる一方で、女性の深層心理の1つとして、男性の力強い筋肉に憧れるという女性も少ないのが現状。

そんな、筋肉に憧れる女性を思わず一目惚れさせちゃうような素晴らしい筋肉体型を作る上で効果的なサプリメントとして大人気なのが、HMBです。

でも、HMBという名前は聞いたことがあるけれど、実際にはどういった効果があるサプリなの?という方も決して少なくありません。

HMBとは「3-ヒドロキシイソ吉草酸」と言う物質とそれを含むサプリメントのことで、この物質が発見されたアメリカでは、古くからインナーマッスルを効果的に鍛える成分として、ボディービルダーや軍人などたくましい筋肉を求める人の間で広く使われている物質です。

日本でも、2010年前後から販売が解禁され、その効果の高さから瞬く間にフィットネス業界やボディービル業界を中心に人気の成分として広く活用されています。

なぜHMBならモテ体型に?

そもそも、女性にモテる理想的な体型を手に入れるのであれば、なぜHMBのような成分を含んだサプリメントを使うのがオススメなのでしょうか?

その理由としては、次の2つの要素があげられます。

吸収率が高く効果的

まず、第1の理由として、HMBが持つ吸収効率の高さがあります。

一般的に、たくましい筋肉を作る上でトレーニングと併用して行う方法として活用されていたのが、プロテイン飲料です。

プロテインとはご存知のように、タンパク質を主成分とした飲料やサプリのことで、筋肉を作る上での必須物質であるタンパク質を過剰に摂取することで、より効果を発揮するという目的がありますが、実際のところプロテイン自体には筋肉を作り上げる効果はなく、あくまでもトレーニングと併用して初めて効果が現れる成分というのが現状でした。

ところが、HMBなら体内での筋肉の分解を抑制する作用をもたらしてくれるので、軽めのトレーニングでも十分な効果が実感できます。

もちろん、これまで続けてきたようなハードなトレーニングをHMBの服用と並行することで、絶大な効果が実感できるというわけ。

全身の筋肉に効果的

2つ目の理由が、身体全体の筋肉に対してその効果をもたらせるという点です。女性にモテる理想的な体型を作るためには、何よりもバランスが重要。

例えば、上半身だけ筋肉隆々になっている反面、下半身は細いと、せっかくの筋肉もバランスを欠いてしまいみっともない姿に。

HMBなら、全身の筋肉に対して素早い作用を発揮できるので、上半身はウェイトトレーニングで、下半身はジョギングなどでそれぞれ賄えバランスを重視したモテ体型が実現できます。

実用的な筋肉がHMBで簡単に

HMBが、発祥国であるアメリカだけに留まらず、販売解禁されて間もない日本でもなぜここまで絶大な人気を誇るまでに至ったのか?その大きな理由となっているのが、実用的な筋肉が手に入るという点です。

手軽に筋肉を作る方法として、これまではステロイド剤を使った方法なども活用されてきましたが、ステロイド剤を使った筋肉アップは、あくまでも見た目重視で実用的な筋肉とはいえないのが現状でした。

ところが、HMBという成分を上手く活用すれば、見た目的にも美しい筋肉ボディが獲得できる上、これまでのプロテインを併用した方法と比べ、きついウェイトトレーニングが短期間で済むという絶大なメリットを享受出来るようになりました。

また、HMBの優れた点の1つが、筋肉痛が少なくて済むというところ。これは、HMBを服用することで筋肉溜まる乳酸量が少なくなるため、トレーニング後の苦しい筋肉痛からも解放されやすいという利点へと繋がります。

見た目だけ美しい張りぼてのような筋肉ではなく、実際に絶大な力も発揮できる実用的な筋肉をHMBで育てる事ができれば、どんな女性の心もグッと掴めるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今話題のトレーニングサプリ「HMB」が、なぜここまで短期間で絶大な人気を誇るまでに至ったか?その理由や詳細な事情をしっかりと把握すれば、その効果の高さが自ずと理解できます。
美しい筋肉を手に入れたい方、誰が見ても力強い印象を受ける筋肉隆々の姿を手に入れて意中の女性にモテたい!という方も、これまでのプロテインを使った方法では断念しがちだった苦しいトレーニングからも解放されるHMBを上手に活用することで、必ず理想的なモテる体型をゲットできます!

脅威の24kg可変ダンベル

脅威の24kg可変ダンベル



-筋トレ

Copyright© 筋トレ侍 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.