今話題のHMBサプリをはじめ、筋トレに役立つ情報を紹介。

筋トレ侍

筋トレ

HMBサプリVSプロテイン!どっちが本当に効くのか?!

投稿日:2016年12月12日 更新日:

こんにちは、筋トレ侍です。

今回は、HMBサプリとプロテイン、どっちが本当に筋肉に効くのか? その理由も含めて詳しくご紹介します。

HMBサプリは比較的最近流通が始まった

少し前まで筋トレにはプロテインという常識がありましたが、近年その常識に変化が表れています。

筋肉に関する科学的な分析が進むにつれ、より効率的に筋トレを進めるための物質が見つかっているからです。HMBもその一つで、必須アミノ酸ロイシンが身体の中で変化した物質になります。

筋肉の分解を防ぐだけでなく回復を早める効果があり、海外を中心にサプリメントなどとして流通していました。
日本で許可が下りたのは2010年で、それ以前は個人輸入などをしなければ手に入らない状態だったのです。これは日本国内の安全基準などの確認に時間が掛かったからです。一方で、海外ではすでに流通していただけでなく、アスリートなども愛用していたことから多くのファンを獲得しています。日本でも口コミで愛好家が増えており、効率的な筋トレを目指す人はまず知っておきたい成分になっているのです。

HMBサプリとプロテインは役割が違う面も

HMBサプリの特徴に、筋肉の分解を防ぐ点が挙げられます。

筋トレは筋肉の繊維が切れ、それが新しく繋がりなおすことでより強い筋肉を生み出していきます。しかし、筋トレ中は激しくカロリーを消費するため、筋肉や脂肪がエネルギー源として分解されてしまう事があるのです。

これは過剰なトレーニングでかえって筋肉が衰えてしまう原因にもなっています。
トレーニング量を調整することは非常に重要なのです。しかし、HMBサプリを摂取することで、ハードなトレーニングにより筋力が低下するリスクを減らすことができます。筋トレ前後だけでなく筋トレ中にHMBサプリを摂取し、筋肉を保護しようとする人もいるほどです。
プロテインの主要成分はたんぱく質で、筋トレ後の回復を促すための材料になります。新しい筋肉を生み出し、運動で消費したエネルギーを補うために活用されています。HMBサプリのように筋肉を保護する力はないため、あくまで回復力を高め、より強い筋肉を作ることがメインになります。
HMBには運動後の回復を筋肉の回復を促す役割もありますが、食事などでしっかりたんぱく質を摂取しなければ栄養不足になってしまう事があります。そのため、HMBサプリとプロテインを組み合わせて使う人もいるほどで、それぞれの長所を取り込むのも方法なのです。

それぞれの摂取方法も大きな違い

HMBサプリはほとんどがタブレットタイプになります。気軽に摂取できるのがポイントで、大きな特徴にもなっています。持ち運びも簡単なため、愛用者が増える理由の一つになっています。
プロテインはほとんどが粉末タイプで流通しています。牛乳や水などに溶いて飲みますが、作るのに手間がかかるのが難点です。また、持ち運びが難しい面があります。ジムでのトレーニング後に飲む為水筒などに入れて持ち込むことも可能ですが、衛生面や管理面での手間があります。
そのため、トレーニング中にも摂取しやすいHMBサプリとプロテインには大きな差が生まれることになっているのです。また、HMBは身体の中で合成されますが、合成量はほんのわずかな事でも知られています。一方で、プロテインの主原料であるたんぱく質は、肉や魚で摂取することができ、比較的簡単に補うことができるのです。
摂取方法だけでなく、代用方法の手軽さも大きく異なっています。

まとめ

HMBサプリは筋肉の保護作用があるため、ハードなトレーニングをする人や、短期間でより効率的な筋トレをしたい人におすすめです。プロテインはハードなトレーニングや、ウェイトアップと組み合わせるのが基本ですが、食事などで代用することも可能となっています。
筋トレをする際により効果を感じやすいのはHMBサプリなのです。ただし、HMBサプリを利用しても、十分なカロリーが摂取できていなければ新しい筋肉が生まれない事には注意が必要です。短期間で筋肉を増やしたい場合はプロテインと組み合わせるのも方法で、それぞれの長所を生かした方が効率的なのです。

脅威の24kg可変ダンベル

脅威の24kg可変ダンベル



-筋トレ

Copyright© 筋トレ侍 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.