今話題のHMBサプリをはじめ、筋トレに役立つ情報を紹介。

筋トレ侍

筋トレ

一緒に摂るとHMBサプリの効果を上げる成分

投稿日:

【筋肉トレーニングには、HMBサプリメントとクレアチンを一緒に摂ると効果的】

<HMBサプリメントの成分と効果>

筋肉のもととなる栄養素はタンパク質です。タンパク質は分解されるとアミノ酸という成分になります。そのアミノ酸にも種類が色々あり、バリン・ロイシン・イソロイシン・メチオニン・フェニルアラニン・トリプトファン・ヒスチジン・スレオニン・リジンなどがあります。その中でも筋肉を作るのに良いアミノ酸はロイシンです。そのロイシンが分解された成分がHMBというものです。HMBの正しい名称は「βーヒドロキシβーメチル酪酸」といいます。この成分がサプリメントとなったのがHMBサプリメントとなります。

通常はタンパク質が分解されアミノ酸になって吸収されますが、HMBはすでに分解された成分なので、吸収力に優れています。そのため、効率よく栄養を吸収することができ、筋肉を速やかに回復させ、強くする効果があります。スポーツ界でアミノ酸が好まれている理由は、吸収スピードです。タンパク質が分解された成分なので、タンパク質よりも吸収スピードが早いため、筋肉へのダメージ軽減や回復、筋力アップが効率的に行われます。そんなアミノ酸よりも、吸収力や筋力アップに優れたHMBは、筋肉トレーニングにとても効果的です。

<HMBサプリメントの効果をさらに上げる成分>

HMBサプリメントと一緒に摂ると効果が上がるものは、プロテインとクレアチンです。プロテインは筋肉を作るのに有名な物です。プロテインはタンパク質が分解されていないので、HMBサプリメントと違ってゆっくりと吸収することができます。HMBが吸収された後も、プロテインは吸収するのに時間がかかるため、長時間に渡って筋肉を回復、強化することができるのです。他の例え方をすると、腹持ちが良いということです。また、HMBサプリメントとクレアチンを一緒に摂るのも効果的です。クレアチンは筋肉トレーニングによる筋力のアップの効果があります。HMBは筋肉を太く大きくし、筋肉の分解を軽減する効果があります。それぞれ違った効果がいいように働き、最大限に効果を発揮します。

<クレアチンとは>

人間はATP(アデノシン三リン酸)をエネルギーにしています。ATPは糖や脂肪を材料として作られます。特に強い瞬発力を使う運動では、クレアチンリン酸がATPを作り出します。そのため、体にクレアチンリン酸が多いと、それだけ多くのクレアチンリン酸がATPを作り出すことに繋がります。ATPがたくさん作り出されることによって、さらに強い力を発揮できるというわけです。ということは、クレアチンリン酸の量を増やせば良いのです。

それでは、どうすれば体内にクレアチンリン酸が増えるのでしょうか?体にATPが余っている時は、ATPはクレアチンと結合します。そうなると、クレアチンリン酸が作られます。したがって、クレアチンを体の中に増やせば、多量のクレアチンリン酸を蓄積させることができるのです。そのため、クレアチンを摂ることが必要になってきます。クレアチンは食べ物にも含まれています。そして、体内でアミノ酸から作り出すこともできます。でも、それだけでは十分なクレアチンを摂ることはできません。十分にクレアチンを摂るには、サプリメントを利用すると良いでしょう。サプリメントでしたら、十分にクレアチンを補給することができます。そのため、運動によるパフォーマンスも上がるというわけです。

<まとめ>

以上のように、HMBサプリメントとはアミノ酸のロイシンが分解された成分です。そして、クレアチンとは、強い力を引き出すのに必要な成分です。そのHMBサプリメントとクレアチンを一緒に摂ることにより、相乗効果となって筋肉トレーニングの効果は倍増します。そのため、筋肉トレーニングが効率的になります。筋肉トレーニングが効率的になれば、筋力アップするスピードが早くなるので、時間も無駄にしません。しかし、この二つを摂るにはお金がけっこうかかりますので、お金に余裕がないとできません。お金に余裕のある方は、ぜひ試してみてください。筋肉トレーニングの基本は、練習と栄養と休息の三つなので、それを意識してトレーニングをやると良いでしょう。

脅威の24kg可変ダンベル

脅威の24kg可変ダンベル



-筋トレ

Copyright© 筋トレ侍 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.