今話題のHMBサプリをはじめ、筋トレに役立つ情報を紹介。

筋トレ侍

筋トレ

自重トレーニングのメリット・デメリット。自重トレーニングを効果的にする方法。

投稿日:

筋トレ侍
ジムに行く時間がなかなか取れない、近くにジムがない、家で筋トレをしたいなどという方におすすめなのが自重トレーニング。 誰もが一度はやったことがあるのではないでしょうか。 今回は、気軽にできる自重トレーニングのメリット・デメリット、自重トレーニングの方法などを調べてみました。

自重トレーニングとは?

自重トレーニングとは、自分の体重を使ってトレーニングをすることです。
代表的なものは、腕立て伏せ・腹筋・スクワットなどです。

自重トレーニングのデメリット

  • 負荷が自分の体重以上にならないので、慣れてしまう。
  • 大幅な筋肉量UPをのぞめない。
  • 自分流にやることが多いので、正しいフォームを身につけることが難しい。
  • 極度の肥満の人は、負荷が大きすぎて難しい。

自重トレーニングのデメリットは、自重以上の負荷をかけられないということです。
ジムに通ったり、ダンベルなどを使ってトレーニングをするより筋繊維を破壊することができないので、効率は下がることです。

自重トレーニングのメリット

  • いつでもどこでもできる。
  • お金がかからない。
  • 自分の体重以上の負荷がかからないので、怪我のリスクが少ない。

自重トレーニングのメリットは、なんといってもどこでも手軽にお金をかけずにできることです。
誰もが一度は腕立て伏せや腹筋などの自重トレーニングをやったことがあるのではないでしょうか。

自重トレーニング紹介

ダンベルやトレーニングマシンを使わずに鍛える方法を部位別にご紹介します。

腕を鍛える自重トレーニング

ナロープッシュアップ

肩幅よりも狭い幅で両手をついて行う腕立て伏せ。
上腕三頭筋への負荷が高くなる。

リバースプッシュアップ

椅子や机などを利用して、上腕三頭筋に負荷をかける方法。

胸を鍛える自重トレーニング

背筋を鍛える自重トレーニング

腹筋を鍛える自重トレーニング

下半身を鍛える自重トレーニング

自重トレーニングを効率的に行うには?

HMBサプリで効率的に筋肉をつける

HMBサプリメントは、筋トレと併用して摂取することによって、効率的に筋肉をつけることができます。

HMBについて詳しくはこちら

HMBサプリは、いろいろ種類が出ていますが、一番違いがわかりやすいのは、HMBの含有量です。
気になる方は、「2017年−最強HMBサプリのHMB含有量ランキング 決定版」を御覧ください。

加圧シャツで自重トレーニング中もそれ以外も負荷を与える!

今、各方面から注目されている加圧シャツ。
トレーニング時に着用すると、適度な締めつけによって筋肉に負荷をかけます。
自重トレーニングのような、弱い負荷で回数をこなすトレーニングをする場合に、適度にインナーマッスルに負荷をかけて効果的に、なかなかトレーニングができない筋肉を鍛えることができるのです。
詳しくは、「24時間体に刺激!バルクアップアーマープロ」に加圧シャツのことを詳しく書いています。

まとめ

自重トレーニングは、自分の体重以上の負荷がかからないので、ある程度のレベルになると慣れてしまいますが、いつでもどこでもお金をかけずにできるというメリットが大きいです。

気軽に家で始めることもできますし、旅行や出張などでジムに通えないという状況でもおこなうことができます。

自重トレーニングだけでも、もちろん効果は期待できますが、ジムやサプリメントなどと併用することによって、理想の体を作ることができます。

脅威の24kg可変ダンベル

脅威の24kg可変ダンベル



-筋トレ

Copyright© 筋トレ侍 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.